SOLUTIONGRiP’Sのソリューション

Solution.003位置情報管理サービス

GPS携帯を位置確認専用に利用。
車載位置情報システムと組み合わせて、安全・安心の湖上ボート利用を実現。

導入実績
有限会社ビワコマリン寺田 様
有限会社ビワコマリン寺田 様
滋賀県大津市苗鹿3-19-19
  • 【代表者】寺田 京二
    【事業】レンタルバスボート、駐艇、揚降、中古艇取扱、バスプロガイド
位置情報管理サービス

バス釣り用のレンタルバスボートやボートを預かる「駐艇業務」を主業務とする有限会社ビワコマリン寺田では、2008年からGPS機能付き携帯電話を音声通話ではなくレンタルボートの位置特定機器として利用、顧客の安心と信頼のために役立てています。

レンタルボートは目印のない湖面を航行します。万一、ボートが故障するなどのトラブルが発生したとき、携帯電話で連絡はできても「今、どこにいるか」の特定が極めて難しく、陸から見ても、航行しているたくさんのボートの中から、目的のボートを探し出すのは不可能なのが実情です。また、レンタルボートは航行エリアを決めており、エリア外に出ていないかどうかをうまく確認する方法もありませんでした。

そこでGPS機能付き携帯電話をボートに取り付け、事務所のパソコンで確認するシステムを導入しました。そのために必要なのが、一般の携帯電話ショップでは販売していないNTTドコモの「DoCoです・Car」システム。本来は自動車での利用を想定したもので、車載型の端末機器とセットで使用、常に自動車の位置を記録・表示できるものです。ただ、電源が必要で自動車ではタバコのライター電源につないで使用します。ボートの場合は電源がありませんので車載型は使えません。しかし、バッテリーで駆動するGPS機能付き携帯電話ならどこでも使えます。この点に注目したのがポイント。本来は通話用の機器を、通話には使わずGPS専用に使用、「DoCoです・Car」システムと連動させるアイデアです。

GRiP’Sでは、レンタルボート事務所のパソコンの画面で確認できるように携帯電話を1台ずつ登録、どの携帯電話がどんな印で画面に表示されるかの設定まで済ませて納品しました。

このシステムのおかげで、どのボートが今どこにいるのかが一目瞭然で一覧できるようになりました。顧客も安心してボートを利用、釣りに専念できると好評です。他のレンタルボート業者からも熱い視線を集めており、導入する業者が増えそうです。

自動車で利用する場合は、車載型端末に「発進」「到着」などの専用ボタンがあり、運行のプロセスも記録できます。運輸業やデリバリー業務の運行管理に最適です。

他のソリューション

Solution.002スマートフォンと交換機の組み合わせ

導入実績川瀬産商株式会社 様
会社での携帯活用について、お気軽にご相談ください!無料
TEL.077-566-7200
  • 受付時間9:00〜18:00
  • 定休日土・日・祝日